愛犬健康生活を応援するサプリメント「rashiku-rashiku」

みなさんは、「サプリメント」と聞くとただの栄養補助食品とお考えかもしれませんが、犬や猫にとっては非常に重要なことでもあります。
幼犬のころは自分の体内で生産できていた栄養素が、年を取るごとに生産できなくなってしまいます。
それは人間も同じです。
われわれ人間は、自分の体調に合わせた食事を自由にとれますが、愛犬や愛猫は毎日飼い主からだされたドックフードやおやつしか食べれません。
しかも毎日おなじものです。

 
 

一般的に市販されている加熱処理をされたフードやドライフードでは、肉食動物である彼らの体内に必要な栄養素が満足に取れないので「生きた酵素」を与えることが非常に重要になってきます。
rashiku-rashikuは、ワンちゃん・ニャンちゃんの健康に欠かせないその「生きた酵素」を愛犬・愛猫家にみなさまにお届けします。

 
 
 
 
 
 
 
 

酵母とは、自然界の植物や樹液、花蜜、果物など、糖度の高いところに好んで生息する「菌」のこと。いわゆる「微生物」です。
酵母は有機物(食物)に含まれる「糖質」をエサにして、それを「アルコール」と「炭酸ガス」に分解しながら、分裂、成長していきます。
この状態を「発酵」といいます。

例えば、パンは小麦の糖質を酵母が「炭酸ガス」に分解することで生地が膨らみ、焼くことでアルコールが飛びパンが完成します。
この糖質を分解してくれるという夢のような働きをしてくれる微生物が、酵母なのです。
また酵母には、犬猫にとって必要なタンパク質、ビタミンB群、葉酸、ビタミンD、アミノ酸、ミネラル、さらには核酸などの栄養素がたっぷり含まれており、とても魅力的な成分です。​

当然、たくさんの酵素も含んでいますから、栄養の消化や吸収を促進します。

麹菌から生まれる生命活動の主役「酵素」
糸状菌(カビ)の仲間で、酵母菌とともに子のう菌類の一つ。
麹は、酵素の宝庫と言われるほど多種多量の酵素を持っており、その力で穀物を分解します。
また、麹自身は、麹菌によって造られた糖,アミノ酸,ビタミン,ミネラルなどがぎっしり詰まった栄養豊富な食べ物でもあるのです。
麹を使った発酵食品が健康によいといわれるのは、麹菌の「酵素」生産力が強いから。
酵素は、栄養の消化や吸収といった体の働きにかかわる物質。
麹菌が作る酵素は、種類も量も、微生物の中でずば抜けて多いので、とても健康に重要な成分なのです。

乳酸菌とは「乳糖やブドウ糖を分解(発酵)して大量の乳酸をつくる細菌」のこと。
腸のはたらきを活性化し、消化・吸収、排便を促進する私たちの健康を維持する上でかかせない存在。
人間の腸内には、乳酸菌をはじめとする身体に良い働きをする細菌「善玉菌」と、悪い働きをする細菌「悪玉菌」がすみついていて、人が必要とする栄養素(炭水化物、タンパク質、脂質、無機質、ビタミン)と同じ栄養素を他から取り込んで繁殖しています。

腸内環境を整えてくれる乳酸菌は、健康を大きく左右する大事な菌なのです。

 

カルシウムとは
カルシウムは骨や歯などをつくっている栄養素。
体重の1~2%の重さで体内に存在しています。
体内のカルシウムは、神経の働きや筋肉運動など、生命の維持や活動に重要な役割をしている大切な栄養成分です。

グルコサミンとは
グルコサミンは、糖とアミノ酸が結合した物質で天然アミノ酸の一つ。
動物の体内では皮膚や軟骨、爪に含まれており、ムコ多糖・糖タンパク質・糖脂質の成分です。
体に重要な働きをするグルコサミンですが、年齢を重ねるごとに段々減少してしまうので外からの補充が必要となります。

コンドロイチンとは
コンドロイチンは、動物の粘質性分泌液から得られた多糖の一種です。
たんばく質と結合した状態(ムコ多糖・たんばく複合体)で存在しています。
特に軟骨の主要成分であるグルコサミンとコンドロイチンを同時に補給することで、体の修復に効果があるといわれています。

健全な成長に重要なこの時期にカルシウム・グルコサミンなどの栄養素を不足しないように継続して与える事は健康維持には必要不可欠と言えます。

 

ビタミンよりも重要な栄養素。

アミノ酸とは、一言でいえばタンパク質を作っている最小の成分です。
地球上のあらゆる生命、植物も動物もアミノ酸が作り出すタンパク質から出来ています。

そんなアミノ酸は、現在確認されているだけで、約500種類の天然アミノ酸があります。
その中で私たちの体を作っているアミノ酸は約20種類。
その20種類のアミノ酸のうち、私たちが体の中で合成できるのが11種類。
残りの9種類は必須アミノ酸といわれ、体内では合成できない栄養分なのです。

大きく区分すると下記の2つのグループに分かれます。
☆必須アミノ酸(9種類)
体内で合成できないので、必ず食事から摂取する必要がある。
ロイシン・メチオニン酸・バリン・トリプトファン・スレオニン・リジン・フェニルアラニン・ヒスチジン・イソロイシン

☆非必須アミノ酸(11種類)
体内で合成する事が可能です。(不要という意味ではありません。)
グリシン・セリン・グルタミン・グルタミン酸・プロリン・チロシン・システイン・アラニン・アスパラギン・アスパラギン酸・アルギニン

身体を正常に保つために、必須アミノ酸は食べ物から摂取する必要があり、私たちが健康に生きていく上で、必須の栄養素なのです。

 
 

酵素とは、簡単に言うと「生きていくために必要不可欠なもの」です。
私たちヒトや動物は、生きるためには栄養素が大切ですが、生命を維持する上でもっと
大切なものがあります。

それが酵素です。

ヒトの体内でつくられる酵素には大きく分けて、毎日の食べ物を消化や分解し、栄養素を吸収しやすくするための「消化酵素」と、吸収された栄養素を身体の各細胞に届けて有効に働く手助けや、毒素を汗や尿と一緒に排泄させる等、身体の代謝に関係する「代謝酵素」の二つがあり、
それぞれ生命活動の重要な役割を担っています。
炭水化物、タンパク質、脂肪、ビタミン、ミネラルは、私たちにとってもパートナーにとっても大切な栄養素。

しかし、実はこうした栄養素よりも、生命を維持する上でもっと大切なものがあります。
それが「酵素」!

食べ物からの栄養をエネルギーとして使ったり蓄えたりするためには、酵素を使って分解する
必要があります。
他にも、細胞や臓器の健康を保つなど生命活動に欠かせないものです。
現在発見されている酵素は約3000種類とされています。しかし、3000種類あるといっても
酵素はそれぞれ1つの仕事しかできません。

つまり、酵素は代役を許さない、1つの働きしかしないスペシャリストなのです!

 



犬のアトピー性皮膚炎(皮膚病)
現在、もっとも犬の病気で多いとされるのが「アトピー性皮膚炎」「アレルギー」その他免疫系のいわゆる皮膚病です。
アトピー・皮膚疾患は特にやっかいです。

病院に行っても、一時的にかゆみを止めるもしくは皮膚傷害が蔓延することを防ぐために「抗ヒスタミン鋼」や「コルチコステロイド剤」を出されますが、根本的に病気を治す薬ではありません。
一時的に良くはなりますが、原因療法薬ではないのです。
だから、薬が切れてしまうと、また病気が再発してしまう可能性があります。
また、再発すると薬で治療する→薬が無くなる→とまた薬で治療すると、薬治療のスパイラルにはまってしまうのです。

もともと、生き物の体内にあった免疫力による自然治癒力が低下してしまい、腸内環境が悪化。
免疫力が低下することで病気にかかってしまいやすい体になってしまうのが原因です。
また腸内環境が悪くなることで、腸そのものの動きが悪くなるので便秘や消化不良による下痢を引き起こすということも併発してしまう恐れもあるのです。

「アトピー性皮膚炎」「アレルギー」などの皮膚病を根本的に治療するのであれば、しっかりと腸内環境を整えることが必要です。
まずは、「酵素」をたくさん取ることが必要不可欠です。
ヒトの体内でつくられる酵素には大きく分けて、毎日の食べ物を消化や分解し、栄養素を吸収しやすくするための「消化酵素」と、吸収された栄養素を身体の各細胞に届けて有効に働く手助けや、毒素を汗や尿と一緒に排泄させる等、身体の代謝に関係する「代謝酵素」の二つがあり、
それぞれ生命活動の重要な役割を担っています。
炭水化物、タンパク質、脂肪、ビタミン、ミネラルをどんなに摂取しても、この酵素がなければ何の役にも立たないのです。

加齢とともに体の中の酵素が減少すると、消化酵素が必要になときには代謝酵素を十分に確保できなくなってしまい、免疫機能が低下したり、自然治癒力が低下したり、解毒なども活発にできなくなってしまいます。
また、逆に病気になってしまうと代謝酵素がたくさん消費されるので、消化酵素が確保できなくなってしまい、胃腸の働きが鈍くなったり、腸内環境が悪化してしまいます。

まずは、毎日の食生活の中で意識をしながら生きた酵素を取り入れることで、消化酵素、代謝酵素などの体内酵素が活発にさせて、病気原因となる予防対策をおこなってきましょう。

食物酵素以外で取り入れる方法は、酵素がたくさん含まれたサプリメントなどで補うしかありません。
rashikurashikuでは、よい腸内環境をキープさせるため、「生きた酵素」を愛犬・愛猫家にみなさまにお届けしています。
愛犬・愛猫の体調管理や健康維持の為に継続的に服用する事を前提とした、身体に悪影響や負担の掛からない天然由来成分を使用し、科学的根拠に基づいて商品化されておりますので、毎日の食事の際に安心してご利用頂けます。

 

自分の家族でもある愛犬の疾患に悩まされ、辛そうな様子を見ていた頃は、なんとかして治してあげたいと思っていました。
笑って過ごさせてあげたい、いつもそう思って評判のよいと言われる病院へ何件も飛び回って治療してもらったり、ご飯を手作りに変えてみたり、シャンプー用の石けんを作ったり、よさそうなサプリメントも試し、と、今思えば愛犬の笑顔の為に一生懸命だった。

そして、そこから学ぶ事も多かった。

健康な体があってこそ という言葉は、人も動物も同じだ。

動物を家族として迎え入れた時から、命への責任も一緒にやってくる。
生涯を健康で幸せに過ごしてほしいと動物と暮らしている方なら誰しも抱く想いだと信じています。

rashiku-rashikuは、胸を張ってお渡しできる究極のサプリメントを作りました。
愛犬も、(スタッフも毎日飲み)体の調子はすこぶる調子が良い。
全て自然のもので、最高の素材です。

疾患をもつ動物達がとても多い中、健康や栄養管理にまで及ばないペット社会。
皮膚病だからと保健所に持ち込む飼い主がいるという、あってはならない事実。

飼い主の皆さまが、愛情と、栄養を意識した食餌や、免疫力やバランスを考えた良質なサプリメントを与える事によって、動物たちが生涯を健康で幸せに生き抜いてくれる事を願っています。

そして少しでも、そのお役に立つことが出来ましたら、幸せに思います。

rashiku-rashiku 一同